アンパンマン 乗って!押して!へんしんウォーカーの口コミレビュー

私がアンパンマンのへんしんウォーカーを選んだ理由は成長に合わせて形を変えられるので長く使えるという点と、おすわり期から遊べるし、指先を使う作業や音、自分で押したりなったりするのが脳にも運動機能にもいい刺激になると思ったからです。

へんしんウォーカーのいい点は、難しい作業無く自分で音を出したり、動かしたりできる点です。

まだアンパンマンを理解していない年齢であっても、子供にとって反応のいい音が出ます!

手押し車のような形にしたときは、自分から手で持って押したりしていたので、つかまり立ちをした時から押して遊んでいたので、歩き出すまでの補助的な役割を果たしてくれました!

子供2人が使ったのですが、2人とも歩き出すのが早かったように感じます!

1歳過ぎてからは三輪車のような形にしてあるので、乗った状態で押してもらって乗り物を乗っているような感覚でとても楽しそうです。

私の子供に使わせた感想は、赤ちゃんの頃から置いてあるのに未だに飽きずに楽しんで使っているので買ってよかったと思っています。

6ヶ月のおすわり期では、目の前に座らせてこちらが音を出したり動かしてみて、手を取って同じようにさせていると覚えてくるのかハイハイできるようになってきたときに自分から近づいて一人で音を出して遊んでいました。

つかまり立ちができるようになってから、手押し車型に変えて、ブレーキがないので進み過ぎて転んでしまうこともありますが、足を動かして転ばないように足が追いつけるようになっていくと歩く練習になっていました。

1歳の今では座るバイクのような型にして、自分ではまだ漕ぐことができないですが、今はそれの練習をして自転車や三輪車に乗るような感覚を身につけることができると思っているので、1つでたくさんのことができるのでとても機能的なおもちゃだとおもっています。

子供にへんしんウォーカーを使わせる時の注意点は、手押し車の時に勢いがよすぎたり体重を前にかけすぎるとそのまま前に進み過ぎて前方に倒れて転んでしまうので、最初は一緒に手で持って歩いてあげるといいかとおもいます。

へんしんウォーカーを使った方がいい人は、これから赤ちゃんが生まれてくる家庭や、生まれて4~5ヶ月過ぎくらいから2歳くらいまでのお子さんにおすすめです。

五感を刺激する工夫がたくさんしてあるから、いろんなおもちゃを数多く買ってお部屋がゴチャゴチャするよりも、これたった一つで子供ちゃんの成長に合わせて遊んであげられるのですごくおすすめ!

おすわり期が長くてなかなか歩くのがうまくいかないって子供ちゃんも練習にもなるし!

歩くことができたそのあとでも長く使えるので買っても損はない!

タイトルとURLをコピーしました