ポカポカフレンズのしかけと音のえほん だーれかな?いきものの口コミレビュー

私が「ポカポカフレンズのしかけと音のえほん だーれかな?いきもの」を買おうと思った理由は、絵本を自分でめくるのが好きな1歳の子供のために音や飛び出すしかけのついたしかけ絵本をあげたいと思ったからです。

「ポカポカフレンズのしかけと音のえほん だーれかな?いきもの」の特徴は、しかけを引っ張ると動物があらわれ、同時に動物の鳴き声が流れるところです。

鳴き声はかなりリアルになっており、犬や猫といった身近な動物からパンダやキリンなどあまり鳴き声を聞いたことのない動物も入っており、大人も一緒に楽しめます。

また絵本の中の小窓をめくるとたくさんの動物があらわれるので「だ~れかな?」と読み聞かせながら、いろんな動物の名前やイラストを子供に教えることができます。

私の子供に「ポカポカフレンズのしかけと音のえほん だーれかな?いきもの」を使わせた感想は、思った以上に子供が自分でページをめくったり、しかけの小窓をめくり動物のイラストや鳴き声を楽しんでくれて、買ってよかったと感じました。

まだ子供自身はしゃべることはできませんが、毎日何回も自分から読んでいるので少しずつ絵本に出てくる動物に興味を持ったり、名前を言えるようになるのではないかなと思います。

また自分で絵本が読める子供も鳴き声やしかけで楽しめると思います。

子供に「ポカポカフレンズのしかけと音のえほん だーれかな?いきもの」を使わせるときの注意点は、鳴き声が出るしかけがついている分、絵本自体がかなり重く大きい作りになっています。

そのため子供だけで読もうとすると、重くて持ち上げきれず足の上に落としたりする場合があるため小さいお子さんは親が一緒に絵本を持ってあげたほうがよいと思います。

「ポカポカフレンズのしかけと音のえほん だーれかな?いきもの」は絵本好きな子供さんはもちろん、ストーリー系の絵本はあまり興味のない子供さんもしかけに夢中になるのでおすすめです。

他の絵本と比べて少々大きいですが、うちの子供は20冊ほどある絵本の中で「ポカポカフレンズのしかけと音のえほん だーれかな?いきもの」が一番のお気に入りになっています。

子供が自分でしかけをめくって夢中になる姿はとってもかわいいですよ。

1~3歳くらいのお子さんは特に喜んでくれると思いますので、ぜひ買われてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました